西郷どん

今日で大河ドラマ「西郷どん」が最終回。あまり歴史に興味がない私にとって、大河ドラマを見ることはなかったのだが、この数年前から見るようになった。きっかけが何だったのかと言われても自分でもよく分からない。
学校で習う歴史は暗記ばかりで興味が持てなかったが、大河ドラマを見ていると、暗記で名前だけ覚えた人物が本当に何をした人なのかが初めて理解できることが多い。西郷どんの登場人物は名前だけ知っている人ばかりだが、明治維新でどう貢献したのか、改めて知ることができた。
西郷どんこと西郷隆盛が民のために日本を変えようと情熱を持ってやってきたからこそ、皆に慕われ、逆に大久保利通は不運なことになったのではないか。過去の事も現代につながるものがあるのではないかと改めて感じた。
残念ながら今日で最終回。改めて見るとキャストが良いですね。最後に徳川慶喜が登場するとは思いませんでしたが..島津久光は前回が良い味を出していただけに今回はおとなしかったのが残念でした。

来月からは東京オリンピック噺のいだてんが始まります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック