趣味三昧の一日~金魚日本一大会からの三岐鉄道

この時期、弥富市で開催される金魚日本一大会に行って参りました。神戸からだと遠いように思えますが、距離にすれば180kmほど。この距離ならノンストップです。7時に出発して9時半には到着。例年より早い到着で駐車場は会場に近いところ、会場ではちょうど開会式が開催されていました。今回も出品数は800品と上限に達したそうで、キャンセル待ち状態になったとのこと。そこから審査員が絞り込むわけですが、数を聞いただけで大変そうです
詳細はまた近々写真をアップしますが、当歳魚と親魚で品種別に順位をつけていき、その中でさらに日本一を決定します。今回は当歳魚、親魚ともランチュウが日本一となりました。個人的には浜錦がいいなーと思って、あまりランチュウの写真は撮っていませんでした。

IMG_5216.JPG
IMG_5400.JPG

日本一も決まって、次に会場近くのいつも立ち寄る丸照養魚所へ立ち寄ることに。私と同じで大会帰りの人で多かった。駐車場に車を止めるのに一苦労でした。さて、お目当ての..とブログでチェックしていた黒オランダがなんと調整中ちょっとアクセントに黒い子が欲しいなーと思っていたのですが、代わりにパンダとか蝶尾、ブラックドラゴンなども考えたのですが、決めきれず断念しました。

断念した結果、慌てて帰宅する必要がなくなったので、少し脚を伸ばして三岐鉄道の撮影に行くことに。今回はお立ち台通信でも紹介されている三里~丹生川にて撮影することに。すでに同業者が1人いて、軽く挨拶すると、色々と話かけられてきたのだが、どうも2度目の撮影だが、前回も貨物列車には出会えなかった模様。私も下調べはちゃんとしなくて、さくっとネットで調べた時間だけが頼りで、その時間を伝え、待つことに。ところが、時間になっても通過する気配なし。「この雰囲気なら来そうにないですね」と同業者の方は帰ってしまった。
まだ15時なので、もう少し粘ってみようと撮影場所をごそごそ探していると、踏切が鳴り始める。電車の時間とは違う..と思っていたら、ちゃんと来ました。そしてさらに粘るともう1本来ました。ネットの時刻が間違っているのかと思っていましたが、帰宅して貨物時刻表を見ても同じネットと同じ時間でした。ちょっと謎ですが、思っていたより所要時間がかかっているだけなのかもしれません(今後調べてみます)。帰ってしまった同業者に方にはちょっと悪いことをしてしまいました
貨物をおさめて、もうちょっと粘ろうかと思っていましたが、天候にはあまり恵まれそうにないので撤収しました。
趣味三昧にとって愛知・三重は最高の場所です
IMG_5559.JPG
IMG_5505.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント